読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の国(Kuni)ダネ

ポケモンのオフ会のことや構築なんかをメインに書くよ。

【S17 スペシャルレート】シングル6→1 闇の†糞鍵&糞玉†構築【1800到達】

どうも皆さんこんにちわ!! Kuniですよ~(^0^)
 
 
 
 
ORAS及びXYのレーティングバトル17シーズンが終わってしまいましたね。
 
改めてレートをされていた皆様お疲れ様でしたm(_ _)m
 
 
 
これまでよりいい戦績を残せた方もいらっしゃれば、納得のいかない結果で終わってしまった方もおられると思いますが、
全体を通して平均レートが高いことから非常にインフレした環境だったのではないかと思います。
 
 
そんな自分も今期は総合8567ptで99位という戦績を残すことが出来たのでこれでなんとか「なんちゃって総合勢」としての威厳を保てたんじゃいかと思いますw
 
  

f:id:KuniTAKA:20160916112943j:plain

 
 
 
シングル、ダブル、トリプル、ローテについては目を覆いたくなるほどのパクリ構築のオンパレードなので伏せておきますが、
スペシャルについては完全に独自で考えた構築なのでこの機会にブログに残しておこうと思います。
 
 
 
さて、シーズン17のスペシャルレート(以降、スペレ)の内容ですが、
「シングル6→1」というもので、選出画面6体から1体のみを選出して戦わせるいわばじゃんけんゲーに近い要素を持ったルールでした。
 
 
 
 
そして、普通のレートと違って、
 

・対戦時間:1試合最大5

・対戦にだすポケモンを選ぶ時間:30

・1ターンあたりの選択時間:10

 

 

 

比較的に全体の時間が短いので、ながら作業で油断しているといつの間にか選択時間が終了して痛い目に何度も遭って泣いていました(基本長考なのでw)

 

 

それだけ苦戦しながらもなんとかレート1800の壁を越えられたことは非常に嬉しかったです!!

 

 

そんな訳でスペレトップの方々と違ってそこまでの考察や調整も施しているわけでもありませんが個別解説をしていきます(前置きが長くなってすいません)。

 

 

 

 

   f:id:KuniTAKA:20160916170751p:plain

 

 

 

 

 

 

 【個別解説】

 

 ●オノノクス

 

 

 

意地っ張り@拘り鉢巻 型破り

(A252 S252 H4)

 

げきりん/じしん/どくづき/ハサミギロチン

 

→このルールではトップメタ中のトップメタに君臨したポケモンですね。

特に自分の使用しているオノノクスは調整はせずに特化させていることにより、耐久甘えたフェアリーに毒づきで分からせることが出来ます。

また、この構築は非常にローブシンをわざと重く思わせることにより誘導選出でオノノクスvs.ローブシンにすることで特化鉢巻逆鱗で207-120辺りの耐久程度のローブシンなら中乱数で落とすことが出来る(88.9~104.8%)。

※実際はこの対面を作ったときはかなりの確率で勝てたので耐久を落とした個体が多いかったと思われる。

かなり縛られる場面は多いかったが、出せた時の爽快感は気持ちよかった。

 

有利な相手:耐久甘えたフェアリー、電気タイプ等

苦手な相手:ゲッコウガラプラスパルシェン、ハバン持ちドラゴン等

 

 

 

 

 

 

 

 ●ラプラス

 

 

 

冷静@突撃チョッキ 貯水

(H4 B148 C252 D100 S4)※6V個体

 

なみのり/フリーズドライ/こおりのつぶて/ぜったいれいど

 

→滅びを使ってこないマリルリスイクンみたいな単体性能の高い水タイプの増加によって対策が薄いと判断して採用した。

他にも単純に火力の低い特殊ATや受けポケモンに軒並み強く選出できる機会もあって非常に安定感があった。

 

有利な相手:ブラッキー、ポリゴン2、ファイアローマリルリ

不利な相手:ローブシンジバコイル、拘り鉢巻持ちの物理アタッカー等

 

 

 

 

 

 

 ●クレベース

 

 

 

呑気@ゴツゴツメット 頑丈

(H244 A116 B148)※S0個体

 

ゆきなだれ/じしん/ミラーコート/じこさいせい

 

→君なんで入ってきたの??ってぐらい勝った対戦が一番少なかった。

たぶん持ち物はゴツゴツメットじゃなくてイバンの実の方が断然強かったと思うけど、サブロムのフシギダネに持って行かれました←

 

有利な相手:龍タイプ、拘り持ちポケモン

不利な相手:鬼火搭載 弱点保険ウインディ

 

 

 

 

 

 ●ポリゴン2

 

  

 

控えめ@進化の輝石 ダウンロード

(H244 C248 B4 D4 S8)※めざ炎理想

 

トライアタック/れいとうビーム/めざめるパワー炎/トリックルーム

 

→構築で非常にナットレイが重いので選出誘導をさせてめざ炎で焼き払った天才。

覚えてるだけで3戦は焼いた。

あとは滅びマリルリに対してトリルで素早さ逆転させて勝ったりとかでシングル流用個体でしたが意外に活躍する場面が多いかったです。

 

有利な相手:ナットレイ、滅び、オノノクス以外の龍(ギロチン無理)等

不利な相手:チョッキローブシン、瞑想スイクン

 

 

 

 

 

 ●クレッフィ

 

  

 

図太い@オボンの実 悪戯心

(H252 B252 D4)

 

イカサマ/いばる/どくどく/でんじふゆう

 

→威張ってればどんな不利な状況でも勝てます(迷言)。

主にゲッコウガ入りや地面技をサブウェポンとして採用して鋼対策に依存している相手にぶつける。

普通に霊獣ランドロスマンムーガブリアスも対策できて、身代わり警戒でオノノクスドリュウズも不用意に一撃技を出してこないので甘えた行動をしてくる相手は軒並み降参させてきました。

選出率も恐らくトップレベルに高く、非常に単体性能に優れた型だと思いました。

 

有利な相手:拘り持ち地震持ち、耐久ポケモン(挑発持ちは知らない)等

不利な相手:ラム持ち高火力アタッカー、地割れ以外の一撃技持ち、運ゲーに屈しないポケモン

 

 

 

 

 

 ●マルマイン

 

   

 

臆病@食べ残し 防音

(H252 S252 B4)

 

イカサマ/いばる/みがわり/ちょうはつ

 

→この構築のアイデンティティといっても過言でないポケモン

こいつに屈した滅びマリルリラプラスの数は計り知れない・・・

元々はニンフィア対策で採用していたのだが、滅びの歌も音技の一環であったことを採用した後で気付きましたw

例え選出負けをしても持ち前の威張るですべてのポケモンを無に返した活躍はまさにMVPレベルでしたwww

 

有利な相手:滅びの歌に依存するポケモンニンフィア

不利な相手:威張るに屈しない強いポケモン

 

 

 

 

 

 

 

 実際に使用していた構築は以上のようになります。

実際は俗にいう運ゲーを仕掛ける場面も多く、当たった人の中には不快に思われた方もいらっしゃるんじゃないかと思いますが、私は決してその点については後悔はしていません(キリッ

 

そもそもこれもポケモンというゲームの醍醐味ですし、悪いと思うなら初めからやってませんしねw(過激派)

 

 

 

まぁ結論から言えば、こんな運に任せた構築でも数こなせばそれなりの結果がでますよってことなので、まだ幻のシーズン18もスペシャルレートとして残っていますので潜ったことのない方は一度試してみてはいかがでしょうか??

 

 

では、若干雑な内容(←いや、かなりw)になりましたが、これでシーズン17スペレ構築の記事を終わります。

 

 

 

 

最後まで閲覧していただきましてありがとうございました。