読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の国(Kuni)ダネ

ポケモンのオフ会のことや構築なんかをメインに書くよ。

【シングル】真皇杯 関西地区1予選・シーズン14・15使用構築 まん★まんサイクル構築【2次予選進出】【最高1902】

みなさんお久しぶりです、Kuniです。
 
 
 
今回は第二回真皇杯の関西地区1予選に参加してきました。
先に結果からになりますが、1次予選6-1 1位で通過したものの、2次予選3-2 3位で予選落ちとあと少しのところでベスト16入りだったのですがオポネント差で上がれず、、、
 
構築としては個人的に非常に馴染みやすかったのですが、これを機にまた新しい構築の開拓をしていこうと思い今回使用した構築をブログに綴っていきます。
恐らくほとんどのポケモンがぶっぱ仕様なのでかなり簡潔になると思いますがご了承くださいw
 
 
 
 
 
 では、最初に今回使った並びです。
 
 
         
 
           
 
 
 
種族名  技1  技2  技3  技4  持ち物  備考 
ボーマンダ  捨身タックル  ハイパーボイス  流星群  大文字  マンダナイト  威嚇 
マンムー  地震  氷の礫  氷柱針  地割れ  突撃チョッキ  厚い脂肪 
ロトム  ハイドロポンプ  10万ボルト  ボルトチェンジ  トリック  拘り眼鏡  浮遊 
ファイアロー  フレアドライブ  ブレイブバード  蜻蛉返り  寝言  拘り鉢巻  疾風の翼 
ナットレイ  アイアンへッド  宿木の種  電磁波  ステルスロック  ゴツゴツメット  鉄の棘 
ゲンガー  シャドーボール  道連れ  滅びの歌  身代わり  ゲンガナイト  浮遊 
 
 所謂「マンダマンムー」という非常に優れた補完でサイクルをぐるぐる回すORASシングル環境ではかなり強い部類の構築である。
 この構築については半年前のカーニバルオフから使い始め、自分なりに試行錯誤を積み重ねてようやくこの形に辿り着きました。本家の型とかなりかけ離れていて、かつサイクル構築なのに全体的に前のめりな構成なのでマンダマンムーを扱ったことのある人は最初困惑すると思います(笑)
 
以下から個別解説をしていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 ■個別解説■
 
 
 
 
 
   
 
 ●ボーマンダ(ドラゲリオン)●
 
 無邪気 @マンダナイト 威嚇→スカイスキン
 
 170-166(4)-150-172(252)-99-189(252) 
 
 
  
 この構築の表エース的な存在。本来このボーマンダの型は竜舞型か毒羽型で使用されるパターンが多いのだが、そこを意表を突いて両刀での採用に至った。
両刀にすることによってのメリットはまず構築単位で重たい化身ボルトロス、FCロトムに受けだしてきたところを流星群で負担を掛けやすいという点。もうひとつは受けループ(ラッキー、グライオンエアームド等)の核にあたるポケモンで止まらないので範囲が広く、戦況を柔軟に対応できたのが偉かった。
これら理由で採用することになったが、この型のデメリットとしては竜舞型のように爆発的な抜き性能が無いので決定打に欠ける・毒羽みたいに詰ませ性能がないので少しでも隙を見せると一気に逆転されるケースもあったのでこの型で正解なのかは正直微妙なところ。
ボーマンダについてはカスタマイズ性が高いポケモンなので使われる方は自分の好みで色々変えていったらいいと思います。
 
 
 
 
 
 
    
   
 ●マンムー(スカーフもち)●
 
 意地っ張り @突撃チョッキ 厚い脂肪
 
 185-187(156)-100-*-110(236)-115(116)
 
 じしん こおりのつぶて つららばり じわれ
 
 
 ボーマンダの相方。ボーマンダのところでも記載していたが重たい電気・氷の一貫性を切る上で補完性がかなり優れている。持ち物の自由度が高く、チョッキの他にゴツゴツメット、ラム、スカーフでの検討もしてみたが、結局繰り出し性能を考えるとチョッキ型での運用に落ち着いた。
ちなみにこのチョッキマンムーの調整先はライカさんのブログから拝借しましたので詳細については是非こちらを参照してください。
NN偽装を試みてみたけど、身内とのフレ戦ではことごとくスカーフじゃないことを見透かされて泣いたw
 
 
 
 
 
   
 
 ●水ロトム(ひゃほーいw)●
 
 控えめ @拘り眼鏡 浮遊
 
 157(252)-*-128(4)-170(236)-129(12)-107(4)
 
 
 
 この構築で重たいサブウェポンに氷技を持った相手の水枠(スイクンマリルリブルンゲル等)や害悪(ピクシー、クレッフィ等)を軒並み任せている。あと、眼鏡を持たせているので序盤の削り要員とし受け出してきたポケモンに負担を掛けたり、主軸であるマンダマンムーとの補完の兼ね合い等も出来るので非常に強かった。
また、相手の耐久ポケモン(瞑想カゴスイクンクレセリアナットレイ等)に対して拘りトリックで押し付けてメガゲンガーで縛ったりという芸当が使えたりとかなり面白いポケモンだと改めて感じた。
トリックで嵌めるという意味では相手のクレセドラン、スイクンのSラインをもう少し意識してS実値109~114まで振るのも視野だと思う。
ちなみにこのメガネ水ロトムの立ち回りについてはトルンさんのブログを参考にさせていただきましたので是非こちらから詳細をご覧ください。
 
 
 
 
 
   
 
 
 意地っ張り @拘り鉢巻 疾風の翼
 
 153-146(252)-92(4)-*-89-178(252)
 
 フレアドライブ ブレイブバード とんぼがえり ねごと
 
 
 この構築のMVPと言っても過言ではないぐらい活躍してくれました。
序盤での削り、終盤での抜き性能 両方を柔軟に担ってくれるのが優秀で、鉢巻を持たせることにより瞬間的に上から高火力で殴れるのは素晴らしいと感じた。
また現環境で入ってくるファイアローはサイクル戦に於いてHDラム型やゴツメ型なんかが増えた影響で相手は鬼火を警戒したり、火力がないと思って居座ることが多く、ブレバで一蹴出来たときの爽快感は脳汁ものでした(^q^)
この型はあくまで意表を突くことに意義があり、鉢巻アロー自体の対策は簡単なのでこれからも鉢巻は流行らないでほしいものです()
 
 
 
 
 
   
 
 ●ナットレイ(ほのおアカン)●
 
 腕白 @ゴツゴツメット 鉄の棘
 
 181(252)-114-201(252)-*-137(4)-40
 
 
 
 ここまでで最近数が増えている相手の雨構築・フェアリー全般が非常に重たいと感じたのでそれらに強いナットレイを採用。水枠への役割遂行がロトムだけしか存在せず、どれか技を切ってタネマシンガンの検討もあったがどれも切れなかった。たぶん切るならステルスロックだと思うので使われる方がいたらその辺でカスタマイズしてください。
あとは炎・格闘技の無い物理アタッカーにも強い詰ませ性能を持っているので選出率こそ今回は少なかったものの出した試合は素晴らしい活躍をしてくれました。(5回選出して5戦とも勝利に貢献)
この枠をアドバイスしてくださったRiaさんには圧倒的感謝です。
 
 シーズン15からは秘密の力+炎のパンチを搭載したメガガルーラが繁殖してからゴツメナットが起用しにくかったので、持ち物をオッカの実に変更した。
 
 
 
 
   
 
 ●ゲンガー(ゲンガー)●
 
 臆病 @ゲンガナイト 浮遊→影ふみ
 
 167(252)-*-100-191(4)-115-200(252)
 
 シャドーボール みちづれ ほろびのうた みがわり
 
 
 最後に相手の害悪枠(ピクシー、オニゴーリ等)を牽制するために滅びメガゲンガーを採用。実際に1次予選ではボルトクレッフィピクシーと遭遇し、かなり牽制できたので採用して正解だったと思う。
選出率も少なく、詳細については特に語ることもないので割愛でw
 
 
 
 
 
 
■重たいポケモン
 
クレセリア・・・ゲンガー、ナットレイが選出出来ないときに出されたら勝ち筋が皆無。ナットレイで対応しようと思っても裏にヒードランが存在することが多く、かなり苦しめられた。
 
ヒードラン・・・まぁクレセリアとのセットで大体出てきてサイクル回す上で優位対面から毒盛られたり、マグストで縛られたりして好き勝手されます。
 
・ヒートロトム・・・ミトムのドロポンで飛ばすか、メガマンダの流星群でうまく削らないと突破できない。
 
ボルトロス・・・完全に起点にされる。
 
メガガルーラ・・・シーズン14後半から増えた秘密の力・炎のパンチ・不意打ち搭載のABガルがとにかく無理。うまくナットレイで削りを入れないとこいつだけで3タテされる。
 
 
他、色々と弱点が多く、上位ポケモンの対策が出来ていない辺り欠陥構築でしたw
 
 
 
 
 
 
 
 ■選出(1次予選:7戦 2次予選:5戦)■
 
ボーマンダ :----○×-○-×-× 5回選出中2勝3敗
マンムー  :○○○○-×--○-○- 7回選出中6勝1敗
ロトム  :○○○○○-○○-×-× 9回選出中7勝2敗
ファイアロー:○-○--×○○○×○× 9回選出中6勝3敗
ナットレイ :---○○-○-○-○- 5回選出中5勝0敗
ゲンガー  :-○----------- 1回選出中1勝0敗
 
 
 
シーズン14:最高1892 最終1851
 
シーズン15:最高1902 最終1764
 
 
 
 
■最後に…■
 
 あと1勝していれば決勝トーナメントまで駒を進めただけに自身の詰めが甘いと痛感させられた1日であったが、それでもこの真皇杯関西地区1予選(192人規模)でここまで来られただけでも非常に嬉しいです。
でも、実力としてはまだまだなところもたくさんあるしもっと色んな構築に試してみたいのでこれに傲らずに日々精進に励もうと思います( ゜ω゜)ゞ
これで僕の真皇杯への挑戦は終わりですが、まだ関西地区2予選を始めとした残りの真皇杯予選に参加される全国のポケモントレーナーの皆さんはシングル勢の頂を目指して僕の分まで頑張ってくださいっ!!
それではここまで読んでくださった皆さん、ご閲覧ありがとうございました!

またどこかのオフ会でおあいしましょう(*´∀`)ノシ