読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の国(Kuni)ダネ

ポケモンのオフ会のことや構築なんかをメインに書くよ。

いらっしゃいませ♪

 

                           

                                       f:id:KuniTAKA:20160412093124j:plain

  

 

ようこそいらっしゃいませ!!

 

ここでは日々のポケモンに対することやオフ会のなんやかんやを書いていくことを目的としております。

 

 

実力は全くの初心者同様ですが、どうか生温かい目で見守ってやってください。

 

オシャボコレクターなので交換は随時募集しております。

お気軽に声を掛けください!!

ツイッターID :@kuni_dane001

 

 

 

 

 

【7世代】孵化余り、在庫ポケモン一覧表

 

 

 

 

【6世代】遺伝・オシャボポケモン所持リスト

 


 

【シーズン3 最高・最終1952】ジャロゴーリ+コケコライド 超絶不穏罪(積み)展開構築

どうもお久しぶりです、Kuniです!!

 
 
 
 
改めまして、シーズン3お疲れ様でした。
今期はシーズン2と比較して総体的な人口が少なかった上にレートが伸び悩んでいる人達を多く見かけた印象でした。
 
自分もそんな1人で序盤は1800ぐらいまで割とすんなり上げれたのですが、ある時をきっかけにどんどん溶けて1500帯まで引き落とされましたw
 
 
なので、今期のメインロムは非常に残念な結果で終わりましたが遊び感覚で潜ってたサブロムが思っていたよりレートが伸びて2000も目指せそうだとおもったのですが、周りの人達の苦悶している姿を見ていたら潜る勇気が出なくなったので断念しました。
 
今回はそのサブロムで使用していた構築を記事にしたいと思います!
 
 ちなみに並びはこんな感じです(不穏)
 
 

f:id:KuniTAKA:20170517085057p:plain

 
 
 
 
では、簡単に個別解説からやっていきます。
 
 
 
 
 
【個別解説】
 
ジャローダ@気合いの襷
 
 
   serperior
 
 
臆病 天の邪鬼
 
実数値 :151-×-115-127-115-181
 
努力値 :4-0-0-252-0-252
 
技構成 :リーフストームミラーコート、挑発、蛇睨み
 
 
所謂「ジャロゴーリ」のジャロ。
起点作りもさることながら、通常の積み展開同様にリーフストームを放つだけで相手の構築が崩壊することもしばしばあった。
役割はあくまでオニゴーリや積みエースへのお膳立てなので上記のような技構成であるが、ミラーコートの部分はリザードンXやメガボーマンダに打点のある竜の波動やナットレイハッサムに対してのめざ炎の採用でも良かったかもしれない。
このポケモンだけでイーブイバトンをほぼ完封出来るのは強かった。
(起点作りのエルフーンにはリフスト連打、ムウマには挑発。イーブイは挑発から入り、アシストパワーに合わせてミラーコートで落とせる)
 
 
 
 
 
オニゴーリ@食べ残し
 
 
   glalie
 
 
臆病 ムラっけ
 
実数値 :177-×-105-101-106-145
 
努力値 :172-0-36-4-44-252
 
技構成 :絶対零度フリーズドライ、身代わり、守る
 
 
所謂「ジャロゴーリ」のゴーリ。
積みエース?その1  で基本はジャローダの蛇睨みから起点を作ったところから身代わり+守るで粘って積んでいく。
相手を選んで通すことが出来ればあとは勝手に相手側から降参か切断をいただけるので非常に優秀なポケモンです(不穏)
 
オニゴーリの最もメジャー(こんなの流行るな)な型であるので特に語ることはないのです。今期はこのポケモンのおかげでここまで来れたので運ゲは最高!!←
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
意地っ張り 威嚇→スカイスキン
 
実数値 :175-194-101-×-107-151(メガ前)
 
努力値 :36-172-4-0-52-244
 
技構成 :恩返し、竜の舞、身代わり、羽休め
 
H:16n-1調整
S:メガ後 最速ウツロイド抜き
A:1舞恩返しで耐久無振りガブ確1
HD:メガ後レヒレのC特化ムンフォを
  最高乱数以外耐え
B:余り
 
 
基本はフワライドバトンからの引き先積みエースその2。
この調整にすることで初手カプ・コケコのエレキフィールドからの展開をカプ・レヒレ等でフィールドを塗りかえられて阻止された場合の一旦引き先として攻撃を受けてからもう一度エレキフィールドを展開出来る。ただよくよく考えると選出段階からこちらはジャロゴーリでカプ・レヒレを牽制出来てる時点でこの調整が活きてたのかは微妙なところでしたが…。
ウェポンは恩返しのみでエースとして心配であったが、竜の舞を2回積めたら半減でもほとんどのポケモンを確定2発で持っていける破格の強さで何も心配いりませんでした。
 
 
 
 
 
ギルガルド@ゴーストZ
 
 
   
 
 
意地っ張り バトルスイッチ
 
実数値 :159-110-172-×-173-87
 
努力値 :188-236-12-0-20-52
 
技構成 :シャドークロー、聖なる剣、影うち、剣の舞
 
A:A4↑聖剣で特化輝石ポリ2確1
  A4↑聖剣ZでH252振りオニゴーリを守る貫通で確1 
BD:DL対策調整 
H:16n-1
S:余り
 
ここまででジャロゴーリ軸、コケライド軸で共通して重くなったパルシェンメガゲンガーポリゴン2等に対して一任させるためにギルガルドを採用した。
主軸が通らない場合のもう一つの積み展開を作る上でメガボーマンダと非常に相性が良かった。
こいつがいることで相手のゲンガナンスみたいな苦手な相手も克服できたので選出率はそれほど多くはなかったが、出したときの安定感は非常に良かったのでこの構築にはなくてはならない存在だったと思える。
 
 
 
 
 
●カプ・コケコ@光の粘度
 
 
   
 
 
臆病 エレキメイカー
 
実数値 :167-×-105-115-106-200
 
努力値 :172-0-0-0-84-252
 
技構成 :放電、自然の怒り(挑発)、リフレクター、光の壁
 
H:8n-1調整 
S:最速 
D:DL対策
 
 
積み展開をサポートする壁貼り要員。
S130族という驚異の速さから両壁が貼れて、エレキフィールドで催眠対策やフワライドへのお膳立てとしてはうってつけの相方でした。
最初は相手の展開阻止の為に挑発を入れていたのだが、電気が通らなくなった場合のお荷物感が個人的に嫌だったので自然の怒りに変えた。
正直この枠は状況によって欲しい技がコロコロ変わるのでレート帯によって何度か変わりましたので各々でカスタマイズしていったらいいと思う。
 
 
 
 
 
 
 
●フワライド@エレキシード
 
 
   
 
 
穏やか 軽業
 
実数値 :229-×-73-111-112-124
 
努力値 :28-0-68-4-220-188
 
技構成 :シャドーボール、小さくなる、身代わり、バトンタッチ
 
 
H:4n+1調整
S:最速スカーフサザン抜き、準速70族抜き
B:余りぶっぱ
C:余り4
HD:フィールド下無補正C252振コケコの
10万Z技を壁下で最高乱数以外耐え
 
 
いつもの(・x・)。変わらない(・x・)。
このフレーズで有名な某スリス氏の調整を拝借させていただきました。
かなり緻密に調整されている配分でカプ・コケコの壁展開から繰り出されたらS2段階、B1段階上昇の化け物が小さくなってくるw
 
本人の前では絶対に言いませんが、この調整を考えた某スリス氏は天才だと思います。
 
 
 
 
 
【基本選出】
選出としては、
基本その1→コケコ+フワライド+ボーマンダorギルガルドorオニゴーリ
その1,2が通らない場合→ジャローダ+ボーマンダ+ギルガルド
 
 
 
重かった相手(一例)としては、
 
ミミッキュ・・・こいつが出てきた場合は必ずと言っていいほど呪いが入っている型なので、基本選出がかなり縛られていた。
メガゲンガー・・・滅びゲンガーは正直コケコライドの攻撃で対処出来なくもなかったが、コケコと同速対決からのヘドロ爆弾で展開阻止に掛かる行為は非常につらかった。
こいつとの対面になったら絶対に負けていたので同速対決はやめてください←
・メガリザードンX・・・ニトチャも竜舞もめっちゃくちゃきつい。フワライドで頑張って避けるしかありませんでした()
メガメタグロス・・・バレットパンチと雷パンチがあったらほぼほぼ無理です。フワライドで頑張っ(ry
 
 
 
【参考記事(無断転記の資料もありますので、ダメでしたら消します)】
 
 
 
 
【戦績】
 
戦績としては、
シーズン3 最高・最終1952
        最終653位 
 

f:id:KuniTAKA:20170517085403j:plain

 
 
 
 
 
 
シーズン4からメガヘラクロスというポケモンが復活することによって今回みたいな構築が更に通りにくくなって使うことが恐らくもうないと思って記事としてあげました。
 
感想としてはやっぱり害悪は最高でした←
 
 
 
では、ここまで読んでいただきましてありがとうございました。
またシーズン4も頑張っていきましょう!!
 

【サンムーンシングルオフ会】第8回 不思議の国(Kuni)ダネおふ

 

●大会名:第8回不思議の国(Kuni)ダネおふ

 

 

 

 

●日時:2017年5月14日(日) 10:30~19:00


・開場が10:00となります。受付を10:15に開始したいと考えていますので、参加者の方々は10:00~10:30に会場に到着するようにして下さい。諸事情により該当時間への会場入りが難しい方はご相談下さい。

・開始及び終了時刻は当日の状況により前後する可能性がございます。予めご了承下さい。

・具体的なタイムテーブルはオフ当日に発表する予定です。





●オフ会場:


・会場へ直接お越し下さい。

場所:兵庫県尼崎市小田地区会館



〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目15-38



TEL 06-6488-2574



JR神戸線「尼崎」駅から南へ徒歩約5分。

尼崎市バス「小田地区会館」下車すぐ。

詳しくは関連情報「尼崎市施設マップ小田地区会館(外部リンク)」参照

マップURL : http://w8.alpha-web.ne.jp/~odaruma/koutu/koutu.html





・定員:28名(主催含む)

・参加費:500円

・定員は集まり具合によって変更する場合がございます。ご容赦下さい。

・参加費は変更となる場合がございます。ご了承下さい。






■主催

・主催:Kuni:Twitter ID:@kuni_dane001


オフの情報を発信することがあります。

Twitterによるオフへの質問は大歓迎です。お気軽にお問い合わせ下さい。

ただしオフの参加申請・キャンセル等の連絡は必ずブログ記事へのコメントで行うようにして下さい。






●二次会



時刻:19:30~21:30(予定)

予算:3500円(予定)

定員:28人

会場:近隣の居酒屋の予定です。未成年の方にアルコール飲料はご提供出来ませんのでご注意ください。

参加申請の際、二次会に参加するかどうかを明記してください。参加申請の際、一旦「保留」で申請して頂いて、追記で「参加」あるいは「不参加」とすることもできます。ただし、5/11(木)の20:00頃に店を予約致しますので、それ以降の参加希望は受け付けられない場合がございます。







●参加方法



・当記事にコメントすることで参加の登録となります。

・記載事項は以下の通りです。

(1)ハンドルネーム

(2)対戦参加か見学参加か

(3)二次会:◯or×

(4)緊急の連絡先(TwitterID、スカイプのIDどちらかをご記入下さい。お持ちでない場合は「なし」とお書き下さって構いません)

(5)その他意気込みなど(運営スタッフへの連絡事項がある場合はこちら)



★ 例(コピペしてお使い下さい) ★


(1)Kuni
(2)対戦
(3)二次会:◯
(4)Twitter:@kuni_dane001
(5)ミツハニー♂は初手追い風や…







募集開始は 4/3(月)18:00からです。それ以前のコメントは無効となりますのでご注意下さい。

見学希望の方は会場にお越し下さる時刻も明記して頂けると幸いです。

twitterスカイプの両方のIDをお持ちでない方は緊急の連絡を行えない場合がありますが、ご了承下さい(お持ちでない方は新規登録をお勧めいたします)。

・1コメントにつき参加申請可能なのは1名のみとさせていただきます。1コメントに複数名の参加希望者がある場合は最初に表記してあるHNを参加者として見なしそれ以外の参加者は数に加えませんのでご注意下さい。

・代筆による参加登録を行う際はその旨を必ず記載願います。その方との連絡は代筆の方を通じて行う場合があります。

・参加希望の方が募集定員を超えた場合、それ以降の参加登録はキャンセル待ちとして扱います。

・対戦参加と見学参加は別として扱います。対戦参加と見学参加を切り替える場合は原則として枠に空きがある場合のみ受け付けます。状況によっては考慮致しますのでご相談下さい。

・見学者の方からも参加費を徴収します。

・参加登録をキャンセルする際はお早めにご連絡下さい。

・対戦会の途中参加及び一定の対戦数を行っていない段階での途中退室は原則として認めておりませんので、途中退室される可能性のある方は見学参加での申請をお願いします。体調不良など止むを得ない場合は当日スタッフまでご相談下さい。

・参加希望をされた時点で募集要項及び規定の全てに同意し、当日の主催の判断に一切の異議を申し立てないものと見なします。

・募集期間はオフ当日までとしますが、当日の朝に急遽参加したい場合などはスタッフにご相談下されば対応できる場合がありますのでお気軽にご相談下さい。

・参加申請を出された日付・時間帯によっては名札をご用意できない場合がございますのでご了承下さい。






●大会レギュレーション



ニンテンドー3DS用ソフト「ポケットモンスター サン」及び「ポケットモンスター
ムーン」を使用して対戦します。

・対戦形式は「2人で対戦」「シングルバトル」「フラットルール」「ハンデなし」となります。

・「アローラマーク」「カロスマーク」「GBマーク(初代バーチャルコンソール産)」が付いた個体のみ使用可能となります。マークがついていればレーティングバトルで仕様により使用が不可能なポケモンも使用することができます。

※決勝トーナメントに進出し
たプレーヤーの使用ポケモンはスタッフが確認させていただく場合があります。ご協力お願いします。

・対戦開始前に行うパーティの見せ合いは原則として公式オンラインレーティングバトルのものに準拠します。

・勝敗に関してはDSの対戦画面での結果で判定しますが、時間制限に関して以下のルールを設けます。

・対戦時間が30分を超え勝敗がつきそうにない場合、話し合いで勝敗を決定していただくか、それでも決まらない場合以下の方法を選択ください。対戦を終了する場合、念のためBVの保存をお願いします。

1. このまま対戦が続いた場合、高い確率(8割以上)でAが勝利する場合...Aの勝利

2. このまま対戦が続いた場合、どちらにも同等の勝ち筋がある場合...ドロー(順位決めに関係がある場合ジャンケンをしていただくことがあります)

3. このまま対戦が続いた場合、ある程度(6~7割)の確率でAが勝利する場合...Aに有利なくじを引き勝敗を決定

 決定方法もまとまらないようでしたらスタッフにご相談ください。ただし、一方が故意に試合時間や選択時間を引き延ばす、というような行為が見られた場合は試合時間を引き延ばしたプレイヤーの負けとなります。また、双方が希望をすれば引き続き試合を行っていただいて構いません。

・対戦中にエラーが起きた場合、再現できるようでしたら再現をお願いします。再現が難しそうでしたら当人同士を中心とした話し合いを行い、再試合、勝敗を決着、若しくはドローとなります。まとまりそうにない場合スタッフにご相談ください。

・全試合消化時間が終わって未消化の試合がある場合、その試合は全て負けになります。ただし、一方のプレイヤーが どこかの試合で長時間時間を使った/遅刻をした/未消化の試合が
複数ある、等の原因があるようでしたら、原因のあるプレイヤーの負けになります。

・大会途中で使用ポケモン、及びその技や持ち物の変更は禁止です。

・対戦中にオンラインで情報を確認したり、事前に用意した情報を参考にして対戦することは禁止です。

・対戦中に電卓を使用したり、メモを取る行為は可能です。携帯電話を電卓やメモとして使ったり、パーティの写真を撮ったりする場合は対戦相手に確認を取るようにお願いします。

・公式ソフト以外の外部ツール、及び外部機器、及びバグ等、コピーを使用して作成したポケモンの使用は禁止です。

・対戦中の参加者に対して対戦内容への助言及び情報の拡散は禁止です。

・不具合の発生を防ぐため、更新データのダウンロードを行い最新版のソフトを必ず使用して下さい。

・違反行為が確認された場合、主催判断で失格・途中退席して頂く場合がございます。ご了承ください。

・レギュレーションについては変更する場合がございます。ご了承下さい。

・ソフトの更新をし、最新版をダウンロードして参加して下さい。


QRコードを使用した構築は使用できません。

・大会途中で使用ポケモン、及びその技や持ち物の変更は禁止です。

 

・対戦中にオンラインで情報を確認したり、事前に用意した情報を参考にして対戦することは禁止です。

 

・対戦中に電卓を使用したり、メモを取る行為は可能です。携帯電話を電卓やメモとして使ったり、パーティの写真を撮ったりする場合は対戦相手に確認を取るようにお願いします。

 





●特別ルール




・特別ルールとして 『種族値440以下のみのルール』 とします。


種族値441以上のポケモンはエントリーできません。


・特性「ちからもち」、「ヨガパワー」、「ぎょぐん」、「リミットシールド」のポケモンはエントリーできません。


・持ち物 「メガストーン」、「進化の輝石」は使用禁止です。


・禁止伝説、幻のポケモンの使用は禁止です。


・使用可能ポケモンにつきましては下記リンク先を参考にご覧ください。

【第8回ふしくにオフ】440ルール使用可能ポケモン一覧 - 不思議の国(Kuni)ダネ

 






●順位の決定



・まず予選として参加者をいくつかのグループに分けてグループ毎の総当りを行い、各ブロックの成績上位者数名が決勝トーナメントに進出できます。予選の順位の決定方法は以下の順で決定します。

1、勝利数

2、直接対決の結果

3、自分が勝った対戦相手の合計勝利数(オポネント)

4、じゃんけん、またはくじ(カード)引き

・決勝トーナメントはトーナメント方式で対戦を行い、最後まで勝ち上がった方が優勝となります。

・準決勝で敗退したトレーナー同士で3位決定戦を行う場合があります。

・各ブロックの順位は勝利数の多い順に出します。同率が発生した場合は直接対決の結果をもとに順位を出します。

・予め予選消化時間を設け、その時間以内に消化できなかった試合を未消化試合として扱います。予選消化時間に達した時点で試合中のものはその試合で勝敗を決定させます。予選消化時間は当日発表しますが、オフの進行度を見て遅らせる場合があります。

・参加者は原則として予選消化時間内に試合を可能な限り消化させるよう心がけて下さい。主催・スタッフの判断で意図的な遅延等があると判断された場合は決勝トーナメント進出に際し優先順位を付けさせていただく場合があります。

・詳細なブロック数・決勝トーナメント進出人数については対戦会当日に主催より発表致します。

・その他ブロック分け・予選の形式決勝トーナメント進出方法等については主催・スタッフの判断で当日に変更する場合がございます。また、状況を鑑みてオフ中に人数等を変更する場合もございます。ご了承下さい。






■その他



・当日は用紙等に記入を頂くため筆記用具をご持参頂くようご協力願います。

・会場でポケモン以外のゲームを行うことについて規制は設けませんが、決められた対戦の消化を最優先に行って下さい。

・自身で出したゴミは各自で持ち帰って頂くようご協力をお願いします。

・誹謗・中傷など他の参加者を不快にさせる行為を禁止します。目に余る場合は主催・スタッフの判断で退室していただく場合があります。また、オフの場以外でも当オフの評判を落としたり他の参加者への中傷を行っていることが確認された場合は当オフ等の参加をお断りさせていただくことがあります。ご了承下さい。

・貴重品やゲーム本体等の荷物の管理は各自でお願いします。忘れ物や紛失にはご注意下さい。

・会場は公共の施設となります。他の利用者の方の迷惑になりますので過度に騒がないようご注意下さい。

・当オフで発生した問題等につきまして主催及び運営スタッフは一切の責任を負いかねます。

・他、気になる点等がございましたらTwitter等にて気軽にお尋ね下さい。



その他、ご不明な点がある場合はお気軽にお尋ね下さい。

皆様のご参加をお待ちしております。よろしくお願いします!

 

 

 

■参加者一覧(敬称略 最終更新:2017/5/13 8:00)

名前、記載がある場合のTwitterアカウント、二次会の参加可否の順で記載しています。

リストに名前があれば参加申請反映済みです。

 

・Kuni(@kuni_dane001) ○ 主催

プラスル(@purasururinngo) ○

・カイト(@kaitooranda) ○

・ピノ(@pokepino0925) ×

・ソラマメ(@soramamemon_88) ○

・NaiSoKKei(@naisokkei) ×

・りゅ~(@digimon6069) ×

・BON(@bonjukain) ○

・ゆうたろう(@shimelike) ×

・びしょーじょ(@kmbyukarin) ○

・コン(@konknock) ○

・颯(@k_mymg) ○

・あすか(@Aska_poke) ○

カメックス(@kamex389)  ○

・れたす(@nukenin1128) ○

・ジョンガリ(@sevath8mononoke) ○

牛角(@gyukaku21) ○

・しょーぐん(@kataribekokoro) ○

・カトゥー(@katoo02) ○

・しゃちょ~(@some_rai) ○

 

・しょうぐん♪(@youta1219)午後見学(二次会×)

・ゆちぽん(@yuchipon_poke)二次会から

 現在20名(21名)。 二次会参加者17名。

【第8回ふしくにオフ】440ルール使用可能ポケモン一覧

※特性「力持ち」、「ヨガパワー」、「ぎょぐん」、「リミットシールド」は禁止。

※「コスモッグ」、「コスモウム」等の禁止伝説、幻のポケモンの使用は禁止。

※持ち物「進化の輝石」、「各種メガストーン」の使用は禁止。

 

 

 

440  ペリッパー/ヤルキモノ/ペルシアン/ギギアル/カクレオン/ペルシアン/シードラ/ハリーセン/ロトム
435  トゲデマル/プクリン/モンジャラ/ムウマ
431  デデンネ
430  コドラ/バルビート/イルミーゼ/ヌオー/グライガー/ニューラ/マグカルゴ
428  エモンガ
425  ココロモリ/ダグトリオ/ガラガラ/ダグトリオ/キマワリ
424  ミノマダム/ガーメイル/ミノマダム/ミノマダム
423  ホルード
420  オシャマリ/グラエナ/マッスグマ/ジャランゴ/ポワルン/コモルー/メタング/ジヘッド/ハクリュー/マリルリ/デカグース/チャオブー
415  オオタチ/ノコッチ
413  ラッタ/ラッタ/ジャノビー/フタチマル
411  ビビヨン/ペラップ
410  ナマコブシ/チャーレム/ポニータ/オノンド/トドグラー/ビーダル/ウソッキー/ガバイト/サニーゴ/サナギラス
409  テールナー
405  ワカシャモ/フシギソウ/ヌマクロー/リザード/カメール/ドテッコツ/パラセクト/プラスル/マイナン/ゴーリキー/アーケン
400  デンヂムシ/エネコロロ/ロゼリア/ユンゲラー/ホエルコ/アリアドス
395  アゲハント/バタフリー/スピアー/クサイハナ/バニリッチ/ポリゴン
390  ガントル/ゴチミル/ウツドン/ゴローン/ゴローン/レディアン/ゴンベ/ヤンヤンマ
385  ドクケイル/ドロバンコ/ニョロゾ/イワーク/ベロリンガ
384  ガマガル/コロトック
382  ヒノヤコマ
380  クルマユ/ヤミラミ/クチート
377  カモネギ
375  ノズパス
371  フラエッテ
370  ダブラン/ランプラー/バルチャイ/ハーデリア
369  シシコ
365  ニドリーナ/ニドリーノ/モココ/ブビィ
363  ルクシオ
362  チゴラス/アマルス
360  ホイーガ/ドゴーム/パッチール/メラルバ/エイパム/エレキッド
358  ハトーボー
355  プロトーガ/リリーラ/アノプス/ケララッパ/オムナイト/カブト/ニャスパー
351  ワルビル
350  ガーディ/コジョフー/ワシボン/ズガイドス/タテトプス/メェークル/ミミロル
349  ピジョン
348  ズルッグ/ヤンチャム/フワンテ
345  パールル/サイホーン/タマンタ
341  シュシュプ/ペロッパフ
340  ハスブレロ/コノハナ/ヌイコグマ/ビブラーバ/ドガース/コマタナ/ヒトデマン/ムクバード/ポポッコ
338  マケンカニ
336  アンノーン
335  メノクラゲ/シキジカ/サボネア/プルリル/リグレー/シキジカ/シキジカ/シキジカ/プルリル/バケッチャ
334  ユキカブリ
330  ココドラ/ゾロア/バネブー/ビリリダマ/ラブカス/ブイゼル/チョンチー/ウデッポウ/ヒポポタス/スコルピ/ヤブクロン/スカンプー
328  モグリュー/スリープ
325  イシズマイ/ベトベター/コイル/パウワウ/ベトベター/クラブ/タマタマ/カラナクシ/イーブイ/カラナクシ/コロモリ/ピッピ
320  ヤトウモリ/ピカチュウ/スナバァ/ナゾノクサ/コダック/キバゴ/カラカラ/トサキント/ネイティ/クズモー/バチュル
318  フシギダネ/ナエトル/チコリータ
316  バオップ/ヒヤップ/ヤナップ
315  ダルマッカ/カブルモ/ヤドン
314  ゼニガメ/ポッチャマ/ケロマツ/ワニノコ
313  ハリマロン
310  ミズゴロウ/クルミル/ケーシィ/チルット/ドードー/ゴース/ニャルマー/マネネ/キモリ/アチャモ
309  ヒトカゲ/ヒコザル/ヒノアラシ/ボクレー
308  ヘイガニ/ツタージャ/ポカブ/ミジュマル
307  フォッコ
306  カメテテ
305  ドッコラー/コンパン/マンキー/キバニア/ワンリキー/ドンメル/コアルヒー/バニプッチ/テッシード/シェルダー/アブリー/カチコール
303  デスマス/ゴビット/フラベベ
302  ゴクリン
300  アゴジムシ/サンド/ジャラコ/サンド/ニョロモ/チラーミィ/マダツボミ/イシツブテ/ヤジロン/ギアル/ロコン/ロコン
295  シママ/キノココ/ラクライ/カゲボウズ/ヨマワル/タッツー
294  オタマロ/タマゲタケ
292  ムンナ/メグロコ
290  アママイコ/ニャース/ニャース/ゴチム/ユニラン/ナックラー/タマザラシ/ウソハチ/クヌギダマ
289  エリキテル
288  アーボ/ドジョッチ/メタモン/マーイーカ
285  ネマシュ/パラス/リーシャン/リオル
281  チョロネコ
280  ダンゴロ/イワンコ/ナマケロ/モンメン/チュリネ/アサナン/スボミー/メリープ
278  キルリア/ヤヤコマ
275  ニドラン♀/シビシラス/ヒトモシ/チェリンボ/ヨーテリー
273  ニドラン♂
270  スバメ/キャモメ/プリン
269  アメタマ/シズクモ
266  ツチニン
265  ツツケラ/ディグダ/ディグダ/レディバ
264  マメパト
263  コリンク
262  オニスズメ/ホーホー
260  フシデ/エネコ/ソーナノ
255  ミネズミ
253  ヤングース/コラッタ/コラッタ
251  ポッポ
250  カリキリ/ビッパ/イトマル/マリル/ハネッコ/マグマッグ/ウリムー/ドーブル
245  ズバット/ムックル/トゲピー/オンバット
244  ミツハニー
240  ジグザグマ/ゴニョニョ
237  マクノシタ/ホルビー
236  ヌケニン
230  コソクムシ
224  ミノムッチ/ミノムッチ/ミノムッチ
220  ポチエナ/ハスボー/タネボー/ピンプク
218  ピィ
215  オタチ
213  コフーライ
210  アマカジ/ププリン/ウパー/バルキー
205  カラサリス/トランセル/マユルド/コクーン/ピチュー
200  ヒンバス/コイキング/コフキムシ
198  ラルトス
195  ケムッソ/キャタピー/ビードル
194  コロボーシ
190  ルリリ
180  ヒマナッツ

【サンムーンシングル】シーズン2 メガバナ入り コケコッコウ構築

どうもこんちわっ!Kuniです(^0^)
 
 
 
 
 
大変遅くなりましたが、
シーズン2で使用していた構築について書いていこうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今シーズンについては6世代(カロスマーク)のポケモンも使用可能ということで
サンムーンから登場したカプ系列やUB系列に強く出られるようになったメガフシギバナを主軸に置くところから始まった。
 
そこから「どうせやるなら好きなポケモンを使って勝ちたい」という考えから6世代非常にお世話になったゲッコウガ(色違いかっこいい)と、今作一目惚れさせられたカプ・コケコの3体での編成で使用することにした。(あと3体はなんとなく補完ではいってきた←)
 
 
 
では簡単に型紹介の方に入ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
のんき 深緑→厚い脂肪
 
実数値 :187-121-171-151-151-90
 
努力値 :252-4-100-68-84-0
 
技 :ヘドロ爆弾 地震 宿り木 光合成
 
 
今回のメインであるメガフシギバナを使うにあたって、最低限の耐久指数を確保しつつ6世代での天敵であったメガゲンガーにも対抗出来るように地震を採用。
あと、シーズン2環境で非常に数を増やした(サイコキネシスを持っていない)霊獣ボルトロスランドロスや今作の大勢力であるカプ系列、ウルトラビーストに強く出られる点では非常に評価が高いと思った。
技構成はフェアリー全般に役割がもてるようにメインにヘドロ爆弾、電気・毒タイプに通る地震、あとは構築上受け回していけるように宿り木、光合成とした。
草技については仮装とした水タイプと対面した瞬間に交換されることが多く、有効な場面で当たることが少なかった印象だったので切ってもそれほど苦労はしなかったが、ナットレイテッカグヤみたいな高耐久鋼と対面したときにめざ炎があれば展開が楽であっただろうと思う場面はたくさんあった。
 
調整はガブリアスの意地逆鱗2耐え、太鼓後オボン発動マリルリをヘド爆で超高乱数1発。
 
 
調製先は6世代のメガフシギバナ軸で好成績を挙げていた某氏のものを拝借させていただきました。
 
 
 
 
 
 
●カプ・コケコ@拘り眼鏡
 
 
 
 
臆病 エレキメイカー
 
実数値 :145-121-106-147-95-200
 
努力値 :0-0-4-252-0-252
 
技 :10万ボルト マジカルシャイン ボルトチェンジ とんぼ返り
 
 
今回使ってみたかったポケモンその2。最初は命の珠や電気Z、拘りスカーフと色々と持たせていたが、マジカルシャインの火力が仮想敵であるガブリアスメガボーマンダに対してあまりにも足りなさすぎたので眼鏡に変更したところ丁度良い火力になったので採用した。
エレキフィールド+眼鏡10万ボルトでHB特化クレセリアポリゴン2なんかの後出しを許さないのは使っている自分も驚いた。
基本初手に出すことが多く、相手のカプ・テテフのスカーフ有無を判別したり、地面枠の選出誘導なんかも担っているので切り込み役としては非常に有能だった。
ただ、電気+フェアリーだけだと範囲が追いつかない部分が多い感じだったので蜻蛉返りかボルトチェンジの枠を別の技にしても良さそう。
 
 
 
 
 
 
ゲッコウガ@命の珠
 
 
 
 
むじゃき 変幻自在
 
実数値 :147-116-87-155-81-191
 
努力値 :0-4-0-252-0-252
 
技 :冷凍ビーム 草結び ダストシュート 水手裏剣
 
 
使いたかったポケモンその3。相手のマンマンレヒレ軸やカバドリマンダ軸みたいなサイクル構築を崩すためにこの技構成になった。
B方面に厚く振ったカプ・レヒレに強く出られるように最初はASで運用していたのだが、砂掻きドリュウズバシャーモと対面した際の水手裏剣で火力が乏しかったのでCSに振り直した。
おかげで例で挙げた構築には非常に安定した勝率を維持出来るようになったのでこれで正解だったと思う。
 
余談だけど色ゲッコウガはかっこいい…
 
 
 
 
 
テッカグヤ@食べ残し
 
 テッカグヤ  に対する画像結果
 
 
控えめ ビーストブースト
 
実数値 :203-×-137-149-132-82
 
努力値 :244-0-108-68-84-4
 
技 :ラスターカノン 火炎放射 宿り木の種 守る
 
 
補完として入ってきた器用なエアームド()
H-BはA+2のパルシェンの氷柱針耐えで返しのラスターカノンで倒せる火力。余りはDに振って両刀メガボーマンダの大文字を確定2まで耐えられるようにした。
ゲッコウガとは別でこちらはバンギラス入りの砂構築対策を兼ねている。
初めはラスターカノンの枠をヘビーボンバーで運用していたのだが、死に出しからのボーマンダにA下げられて起点にされたことからバンドリマンダを見るつもりが本末転倒になってしまったので変更した。これによっての弊害としては相手のカプ・テテフを1発で仕留められなくなったのが1番きついと感じたので技枠については要検討だと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
意地っ張り 加速
 
実数値 :155-189-90-×-91-132
 
努力値 :0-252-0-0-4-252
 
技 :フレアドライブ 飛び膝蹴り 剣の舞 守る
 
 
シーズン2序盤に噂になっていた炎Zバシャーモ。A+2フレアドライブZでHB特化クレセリアカバルドンが落とせるというなんとも魅力的な火力だったので採用した。
タイプの関係上、岩技か氷が欲しい場面はたくさんあったけれど、それ以上に剣の舞による抜き性能が高いのが非常に評価が高かった。
あと、A+4の飛び膝蹴りでクレセリアが確定2発で落とせるのも関西シングルFESTAで知ってやばさを感じたw
 
悠長なジャロゴーリは全てこいつで消し飛ばしました^^ オニゴーリに親を殺された皆さんは炎Zバシャーモで分からせましょう←
 
 
 
 
 
 
●霊獣ランドロス@突撃チョッキ
 
 
 
 
意地っ張り 威嚇
 
実数値 :195-191-114-×-148-113
 
努力値 :244-74-28-0-148-12
 
技 : 地震 岩石封じ とんぼ返り 地割れ
 
 
H-BはA+2意地っ張りミミッキュのシャドークローZを確定耐え
H-DはC+1臆病ウルガモスのオーバーヒートZを93.7%で耐え
   C+1控えめウルガモスのめざ氷を確定耐え
   サイコフィールド下臆病カプ・テテフサイコキネシスを2発耐え 等
 
SはS-1のガブリアス抜きにして残りをAに振り切った。
ここまでで重くなったウルガモスリザードン(両メガ)を対面では安定して倒せる枠として採用。
当初はストッパーとしても性能が高い襷ガブリアスで回していたのだが、序盤からステロ展開されてから全抜きされることが多くなったのでこの2体を安定して倒せて、かつ、機動性も確保したいことからチョッキ霊獣ランドロスに行き着いた。
メガシンカZワザ枠が最近増えてきたことからはたき落とすを切って、受けループのラッキーやフシギバナなんかの高耐久にぶつけられる地割れにした。
HPが1でも残っていれば威嚇を入れて確定数をずらしたりと本当に仕事をしてくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■対戦戦績■
 
・SMシーズン2  最高1971 最終1853()
 
 
 
 
 
 
 
 
基本選出としては、
 
・カプコケコ+フシギバナバシャーモorテッカグヤ(雨構築)
ゲッコウガ+カプコケコ+何か(サイクル構築)
・カプコケコ+バシャーモ+何か(害悪)
 
大体こんな感じです(若干被ってる)。リザードンがいたらほぼ100%出て来るので霊獣ランドロスは大事に扱わないと止まりません。
 
とにかく重かったのはメガボーマンダと両メガリザードンウルガモスと環境トップメタ級なポケモンにも関わらず全くケアの出来ていない欠陥構築でした。
 
 
 
 
それでも自分の基本好きなポケモンで構築を組んでここまで勝てたのは正直嬉しかった。
 
 
シーズン3からはもう少し勝てる構築を意識してとりあえず2000目指して頑張っていこうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
最後にここまで読んでいただきましてありがとうございました。またシーズン3頑張りましょう!!